• Pat

2020 June Album Wrap-up / 6月のアルバムまとめ

Updated: Jul 26

[Album Wrap-Up: a list of albums I listen to for the first time / 初めて聞いたアルバムリスト]


CHTHONIC: 台灣大凱旋 TAIWAN Victory Live ENDON: Through The Mirror Converge: The Dusk In Us Converge: Jane Doe Korn: The Nothing 高橋洋子(Takahashi Youko): 20th century Boys & Girls II 〜20世紀少年少女2〜 ムック (Mucc): 惡 SiM: Silence Iz Mine WORLD END MAN: USE MY KNIFE RIS: 22ND CENTURY GIRL NECRONOMIDOL: Voidhymn Green Day: Dookie SiM: THANK GOD, THERE ARE HUNDREDS OF WAYS TO KiLL YOUR ENEMiES ムック(Mucc): 壊れたピアノとリビングデッド Amon Amarth: Berserker 分島花音(Kanon Wakeshima): luminescence Q.E.D. ROACH: ROACH


ENGLISH

This month included quite a few 2020 new releases, such as those by ムック, SiM, and RIS. If last month was more on the alternative side, than this month was definietly more on the punk side, with hardcore band Converge, reggae punk SiM, pop punk Green Day, and post hardcore ROACH.  While I enjoyed this deeper venture into that genre, what stood out the most this month was ENDON and WORLD END MAN. ENDON's noise metal sounds fresh and WORLD END MAN is just simple to the point death metal.  ムック and SiM will be getting individual reviews for their new albums!


日本語

今月のまとめは、2020年に新しくリリースされたアルバム(ムックやSiMとRIS)を加えています。もし先月がオルタナティブのテーマだったら、今月のテーマはどちらかというとパンクかな。ハードコアパンクのConvergeやレゲエパンクのSiM、ポップパンクのGreen DayとポストハードコアのROACHなど、割とパンクが多かったですね。 そのジャンルに浸ることは楽しかったですが、今月特に印象的だったアルバムはENDONとWORLD END MANでした。ENDONのノイズメタルは斬新な感じがします。そうしてWORD END MANはただシンプルに、真っ直ぐなデスメタルです。 ムックとSiMが出した新しいアルバムのレビューは、後ほどそれぞれ投稿します。



翻訳編集: 杉浦愛 (resfeber)




#chthonic #endon #converge #korn #高橋洋子 #takahashiyoko #ムック #mucc #sim #worldendman #ris #22ND CENTURY GIRL #NECRONOMIDOL #greenday #amonamarth #分島花音 #kanonwakeshima #roach

11 views
Subscribe

©2020 by Pat in Tokyo