• Pat

Thoughts on Dazai Osamu's "No Longer Human” / 太宰治の「人間失格」の印象

Updated: Jun 9


ENGLISH


What does it mean to be considered "Human"? Oba Yozo, a man with a gifted personality since childhood, struggles with this concept his whole, assumably short life. Charming and likeable, he was able to amuse others with his “clowning" around, but it was always under the pretense of providing them with what they wanted at that moment. He claims to not understand people, but ironically, he is most definitely human, being full of a longing for acceptance, success, and love. In the end, his needs are his biggest hindrance.


Trust, it would seem, is core to the human condition. The feeling of mutual respect, recognizing another's dignity, and being able to confide in them without fear of betrayal are paramount. If we go without, we truly are no longer human.


Yozo's inability to recognize this directly leads to his lack of confidence and ability to make real relationships. He merely attempts to reflect what people seem to want, without going forth to form a connection. Humans need real conversations and less shallow, surface level chatter that serve as mere bandages, helping to heal our immediate yearnings, which only to leave us hungry for more. Human connections, after all, make us human.


So, to be human, is to be human. What a contradiction.


I truly do sympathize with Yozo. It was frightening to read how similar we are. Perhaps I also require less surface level interactions and more true friendships, lest I develop the same habits he did.


日本語


「人間」とは、どのように定義されるのでしょうか。幼い頃から特別な性格を持っていた大庭葉蔵さんは、生きている間、おそらく人よりは短かったであろう人生の中で、常にこのような概念についてずっと悩まされて来ました。チャーミングかつ人に好かれるタイプで、周りの人に喜ばせるためいつもふざけているフリをしていたのですが、同時に、常に周囲の人間が求めているものを提供しようと心がけていたのです。「人間がわからない」と彼は常に言っていたのですが、皮肉なことに、人から受け入れられることや成功、愛に対する強い憧れがあったことは、彼自身が最も”人間”であったとも言えます。最終的に、彼のニーズは障害となりました。

一見したところ、信用は人間である条件の核になります。相互に尊重があり、相手への尊厳を認めたり、裏切りの恐怖の念を抱くことなく他人に打ち明けることは、全て最重要項目です。これがなかったら、本当にもう人間じゃないですね。


葉蔵さんがこのような事実を認められなかったのは、自信、そして他人と関係を築く能力が欠如していたことと関係します。彼は常に他人が欲していたものを投影していたのですが、関係を築くことはしていなかったのです。乾ききった渇望を癒し潤すため、人間が必要なものは本当の会話であり、浅はかな、まるで包帯のように表面を覆うだけの表面的な会話や世間話は不必要なのです。”人間の

関係”が、やはり私たちを”人間”たらしめるのでしょう。

人間であることが、人間なのです。矛盾していますね。


私は葉蔵さんに同情します。これほどまでに自分と似ていることに気づくのは、結構怖かったです。彼と同じようにならないよう、もしかして私も軽い会話や人間関係を止めるべきでしょうか。本物の友達は必要です。

翻訳編集: 杉浦愛

#dazaiosamu #nolongerhuman #osamudazai #japaneseliterature #太宰治 #人間失格 #日本の文学

Subscribe

©2020 by Pat in Tokyo