• Pat

Thoughts on "Dom kallar oss mods" / 「俺たちはモッズと呼ばれる」の印象


ENG

2018/12/08 repost

Today I watched a movie with my girlfriend Ai about two Swedish mods in the 1960s. These boys thrived on the edge of society, living day to day on their own terms, enjoying their youth to the fullest. Every morning, they ate meager breakfasts, searched the cabinets for any alcohol they had left, and then did their hair. The time and effort they put into their appearance is actually admirable. No matter how lazy or inept to do real work they were, they always made sure to be stylish and clean.

But, seeing such a lifestyle is also a little sad. Their stimulations grew from a need to be the centers of attention and as such, found joy in harassing others who were working, causing minor trouble, and partaking in the sales of narcotics. It seems that they were interested in music and played together as a unit, but their real passion consisted mainly of boozing and smoking.

Watching this movie, I felt that I have seen this before. What is it in society that brings out this behavior? I also understand the urge these boys felt to differentiate from the mindless numbness of the mainstream, but by gorging oneself with selfish pleasures, isn't it the same thing? There is no clarity, no direction. Just a mindless obedience to your own particular high. This "high" could very well be what encourages all those who live in never ending cycles, brainwashed by their own greed to be "better". We need to wake up.




日本語


2018年12月9日 再投稿

今日愛ちゃんと一緒に、60年代の社会から外れた二人のスウェーデン人モッズについての映画を見ました。彼らのルールで毎日を送り、青春を謳歌し、社会の隅っこで一生懸命に日々の生活を楽しんでいました。毎朝、わずかな朝食を胃に流し込み、お酒の瓶が残っていないかキャビネットを漁り、髪をセットしました。容姿に対しものすごく時間や労力をかけたのは、本当に偉いと思います。仕事に対しやる気が無く、怠け者に見えるかもしれないですが、彼らはいつもスタイリッシュかつ小綺麗に、身なりを整えていました。


ですがこういう生活を見るとちょっと悲しくなります。彼らは、いつも注目の的でありたいというニーズから刺激をもらい、仕事をしていた他の人を嘲ったり、軽いトラブルを引き起こしたり、麻薬の販売に着手することに喜びを見出していました。音楽に興味を持ち、ユニットを組んで一緒に演奏をしていたものの、彼らの本当の情熱は主に酒と喫煙から成っていました。


この映画を見て、なんだか前にも見覚えがあるような感覚に陥りました。このような振る舞いを許容してしまう社会には、一体何があるというのでしょうか。社会において主流にある、心もとない無関心との離別を図ろうとする彼らの衝動は理解できますが、自己満足的な悦びで自身を満たすことと、同じではないのでしょうか? 明瞭な思考も、方角もありません。あるのは、彼らの特別な「高み」へ、心を伴わずただ従順に従うだけです。この「高み」は、「良くなりたい」という彼らの欲によって洗い流され、終わらないサイクルに生きる人々の活力剤のようなものになり得ます。目を覚まさなければならないのです。


https://note.com/pattobyo/n/n935f5f05a963


#Domkallarossmods #moviereview #swedishmovie #TheyCallUsMisfits #俺たちはモッズと呼ばれる

Subscribe

©2020 by Pat in Tokyo